寺子屋稼業のかたわらで

京都、ときどき栃木。

2018-07-29から1日間の記事一覧

夏の真ん中、盆地の底

アスファルトでミミズが干からびている。 時節柄べつになんということのないはずの画が、どうにも他人事とは思えない。 水を求めて地に焼かれるのと、「そういうことになっているから」という誰が言ったか分からない理屈で日に照らされているのと。 万物の霊…