rinshunn’s blog

京都、栃木、ときどき哲学。

不信心音楽鑑賞

さる先輩の方からご案内を頂き、室内楽の演奏会に行ってきた。

 

お恥ずかしい話だが、クラシック音楽の演奏会などに携わっていながら、実際のコンサートに足を運んだ経験というのが僅かにしかない。率直に言って、「敷居が高い」のである。

 

私の周りは環境としてクラシックに造詣が深い人間が多く、必然的に、クラシックについての会話が高度になる。どこそこの演奏会に行った、だの、誰それの演奏を聴いてきた、という話題になるや、プログラムの編成がどうのあの奏者の癖がどうの、とさながら知識のポケモンバトルの感を呈し出す。対してこちらは、高校からオケを始めて、18になるまでクラリネットオーボエの区別がつかなかったような不信心者である。チケット予約の段階で審査落ちするのではないか、と、CDやYoutubeで好きな曲をいいだけ聴く、というところに長らく落ち着いてしまっていた。

 

楽器を続けて今年で9年目になるが、ここに来てようやく、もっと気軽に演奏会に足を運ぶことも大切だなあ、と思い始めたのだ。単なる聴き手としてであれば、何もクラシック音楽を「分かる」必要など無いわけだし、弾き手の面汚し端くれとしてであれば、前提となる知識はどうあれ、音楽が作られる「現場」がどんなものなのかは見ておいて損は無い。こう言い並べてしまえば当たり前のことではあるけれど、ド素人と玄人はだしが轡を並べるアマチュアクラシック界隈にとっては、案外明確に認識されていないんじゃないかなあとも思う。だからと言って、これから頻繁に演奏会行ってきまーすともならないとは思うけど、たまには良いものを見聞きするのもまたよしである。

 

どんな人であれ、もっと気軽に聴いてくれたら、さらに言えば演奏会に足を運んだらいいんじゃないだろうか。クラシック音楽に関わり、あまつさえ演奏会の主催者でさえあった人間ですらこんなんなのだから(つらつら振り返るにどうして自分に音楽団体の代表などが務まったのか甚だ疑問である。ちなみに今回の演奏会の主催者はその当時お呼びした客演指揮の先生だった)。