読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝たけれども寝たけれども

ねないこ、だれだ?

私である。

 

 

コタツだの学部棟だのでは自由自在に意識を飛ばせるのに、どうしてベッドという本来寝るべき空間ではなかなか寝付けないのか。

気になって夜も眠れない。

 

 

寝付きが悪い癖に、寝始めると長くて、しかも睡眠不足が露骨にパフォーマンスに影響する。挙げ句に夜型で、気が付けば時計が12時を回っている。そんなもんで、予定のある前日にどう寝るかはまさに死活問題だ。

 

 

いよいよ困って、先日、「ヨガで睡眠導入」というのをウリにしたアプリを落としてみた。最近は瞑想がトレンドらしいし、たまには流行にも乗ってみるのも悪くない。

ヨガだからといって絶食したり口から火を噴いたりということを要求することはなく、することといえば、布団に寝っ転がってただただ音声の指示に従うだけ。簡単で良い。簡単なストレッチから始まり、あとはイメージトレーニングをひたすらこなしていくというメニューである。

 

部屋の灯りを落とし、枕元にスマホを置き静かに横になる。時間は既に深夜2時を回っている。

オリエンタルなBGMとともに指示が流れてくる。察するに脱力して呼吸を静かに整えることが効能のメインなんだろう、と、お姉さんの指示通りに意識を背中やらまぶたやらに向けながら思う。つまりは一切集中できていない。

 

 

それくらいならいいのだが、中盤になって、お姉さんの声が一言。

 

「あなたの存在の本質へと意識を深く向けていきましょう」

 

「存在」…「本質」…「意識」…落ち着きかけた思考が、うなりを上げて駆動しはじめるのが分かる。あなたの存在の「本質」って何…そしてその「存在の本質」へ意識を向けている「私」は誰なんだ?ああ、もやもやして寝られない…

 

 

多文化共生の時代、ヨガアプリにも「哲学徒」という可能性を踏まえた開発が求められる。