孤独な夢想者の散歩

交通費を浮かす窮余の策で、四条河原町からの帰りを歩くことが多くなった。

 

 

歓楽街に始まり、文教地区に至る。30分と少しの道のりだが、流れていく風景には、この街のすべてが映っている。クルマ社会で人生の大半を送ってきたけれど、いやそれだけにだろうか、「京都は歩いてこそ」と強く感じる。

 

 

「北上して東へ」という単純な道のりにも、様々なプランがある。素直に四条通を一気に東に出て、そのまま東大路通りを北上しても別に構いはしない。だが、わざわざ歩いて帰るには、正直趣きに欠けている。歩くのなら、歩くなりの意味がある道を選ばなくてはならない。

 

静かに穏やかに帰りたい日は、鴨川沿いに北上し、丸太町通を超えた適当なところで東に入るに尽きる。

桜の季節であれば、左岸へ渡って、京阪の真上を歩くのがいい。出発してしばらくは、右手に花街の風情も愉しめる。ただ、川沿いの心地よさを味わうなら、しばらくは右岸を進み、荒神橋あたりで渡りたい。道幅が広いわりに夜は人も少なく、景観は川を越えて東山連峰へとひらけている。私は川の左側の住人だが、散歩道としては、右側に軍配を挙げたい。

 

 

いろいろなものが見たい日は、敢えて高瀬川沿いに木屋町通を抜けていく。

3mごとにキャバ嬢とすれ違い、1mおきに客引きが声を掛けてくる。水商売、酔っ払い、その中を押し通るタクシー…夜の木屋町にあっては、むしろ素面と正気の人を見つけるほうが至難の業だ。せめて煙草ぐらいはふかしておかないとサマにならないかなあなんて考えるが、そんなことをしても、田舎者の野暮ったさに拍車をかけるだけのことかもしれない。いろいろな意味で、歩いている私は、興とも狂ともつかないこのカルチャーの外に立っている。

三条通を越えると徐々に店構えも落ち着きを取り戻し、二条通まで来ると、高瀬川が鴨川に合流した途端に「リッツカールトン」などと澄まし顔を決め込むようになる。あとは鴨川に沿って、静かで穏やかな道のりが待っている。

 

 

京都も今年が最後なのに、こう素敵なところばかり感じられては別れるに別れられなくなってしまうそうだ。

孤独な散歩者の夢想 (新潮文庫)

孤独な散歩者の夢想 (新潮文庫)