rinshunn’s blog

京都、栃木、ときどき哲学。

こんちきちんの夏

バイトの研修が終わり大通りに出ると、帰り道に交通規制が敷かれていた。

 

京都という街は悠長なもので、100万人以上の人口と1億人以上の観光客を抱えているにもかかわらず、きわめて気軽に交通規制が掛けられる。しかもその辺の小路ではなく、主要な大通りが突如として機能を停止させられる。交通規制が掛けられる理由は、大きく3つに整理できる。「皇族」「マラソン」そして「伝統祭礼」だ。今日の渋滞がどれによるものかは、火を見るより明らかだ。祇園祭である。

 

宵山山鉾巡行をもって「祇園祭」だと理解している人がたくさんいるだろうが、祇園祭とは「祭礼」であって「お祭り」ではない。祇園祭っていつからいつまでなんですか?という質問に正確に答えるなら、7月一杯そうですよ、ということになる。

 

7月17日の山鉾巡行が、前祭のクライマックスだ。京都の市内を「山鉾」と呼ばれる山車が曳かれて回るわけだが、当然あんなでかいものを動かすのだから、動作テストが必要になる。それが12日の「曳き初め」と呼ばれる行事で、私が遭遇した人混みの理由である。

 

巡行の様子は中継で見ているし、そもそも車輪が付いているのだから動くというのは理解している。しかし、曳かれているところを間近にしたのは7年住んでいて初めてだった。車の前面に号令役が立ち、そのかけ声と扇の上げ下げに合わせて、町衆と住民が綱を引っ張っている。車の上部は櫓のような構造になっていて、お囃子方が例の「コンチキチン」を生演奏している。もちろん、関わる全員が血統正しき京都人である。

 

四条通を歩いていると、「◯◯鉾保存会」と看板の出た、何ら活動の気配のない事務所を見かける。京都の一等地に居を構えながら、このテナントが活用されるのは、7月の1ヶ月間だけだ。建物の2階からは山鉾との間に橋が架けられて、お囃子方や観光客が櫓に出入りできる仕様になっている。近代的なビルであろうと、古風な木造家屋であろうと、鉾の高さが建築基準である。

 

バス停からはミストが吹き出ている。25度を超えると機能する、という仕掛けで、見た目には爽やかだが「クソ暑い」という物理的事実を告げ知らせるものでもある。正気を疑う人混みが、不意の観光のワクワクから日常へと連れ戻してくれる。来るときに乗ったバスを待っていたら、「経路変更中だからここには来ない」と告げられた。「国民の生活が第一」というキャッチコピーがあったが、京都で優先されるのは、なににも増して「京都であること」なのだ。