寺子屋稼業のかたわらで

京都、ときどき栃木。

2016-06-02から1日間の記事一覧

風邪の便り

葵祭が終わったあたりが京都の初夏の終わりで、日差しは日に日に本気を出し始める。もう少しすると疎水に蛍が現れて、それが梅雨入りの非公式宣言である。 季節の変わり目は情緒にばかりではなく、物理現象として肉体にも訴えかけてくる。 季節の谷間毎に、…